自社サーバー上にWebサイトを構築することのデメリット

サイバー攻撃への対策とセキュリティのメンテナンスが必要

サイバー攻撃は日々進化しています。入口が増えれば、攻撃される可能性が増すため、対策が必要になってきます。ネットワークを通じて攻撃を仕掛け、Webサイトを改ざんするだけでなく、サーバー内に顧客情報がある場合は同時に窃取される可能性があります。顧客情報が流出した場合、会社にとって大きな損害です。

外部から攻撃された場合は適した対策をとる必要があります。実際に攻撃があれば、収まるまで担当者がサーバーの監視を行わなければいけません。攻撃を防ぐためにもセキュリティへの定期的なメンテナン作業を自社で行うことは必須です。会社内にセキュリティ対策ができる専門の部署や知識と経験がある担当者がいない場合は、外部の業者に委託する必要があるため、費用が必要となります。

更新するためのシステムの維持管理

Webサイトは作っただけで終わりではありません。新しく取引を行う会社、求人への応募を検討している人などにとっては、会社を評価する大切な情報となるため、掲載している情報の更新作業も必要になってきます。会社の状況は年々変化していてもWebサイトの内容が最新の情報でなければ、見る人には怠惰な会社との悪い印象を与える可能性があります。

更新作業を行うためにはシステムが必要になりますが、自社サーバーのWebサイトを構築した場合、そのバージョンアップや定期的なメンテナンスなど維持管理も必要になります。システムもOSのバージョンアップなどに合わせて変わってきます。セキュリティ同様にメンテナンスのためには専門的な知識が必要です。

webサイト構築は、プログラミングやウェブデザイン、セキュリティ対策など多様な専門的な知識や技術が要求されます。